それしかない、というわけではないのですが木造住宅は鉄骨などに比べて安いです。それと断熱性に優れているため、日本の高温多湿には最適であるということがあります。さらに、木材は高い吸放湿性があることになりますから、これも利点となることでしょう。そしてなにより、建築コストが割安である、ということになりますから、物凄くよい点になりのます。木造住宅は、鉄筋コンクリート造や鉄骨造などよりも遥かに建造コストが低い、ということになりますから、家がほしい人にはまさに最高のことであるといえるでしょう。木造住宅の場合であろうとそれなりの値段になってしまう、ということはよくあります。ですから、基本的には木造住宅であろうとも買う時にはかなりしっかりと計画的に行う必要性がある、ということになるでしょう。自分ですべての資金を用意できるのであればそれはよいのですが、ローンの場合は安い木造住宅であろうとそれは注意しないといけないのです。