マイホームを造ると決めて、色々と住宅メーカーの方と相談しながらプランを絞り込んでいきますが、意外と住宅付属工事にお金がかかるので驚きました。こちらの要望を伝えていくと、付属工事する際に質のよいものを使用するとやはり金額がかなりアップすることになります。玄関の扉、お風呂やキッチン・トイレなどちょっとこだわりを持って選ぶと費用もプラスされますし、付属工事もかなり特殊なものもあり、キッチンの埋め込み式オーブンや換気扇なども海外の換気扇を利用するとなると、従来型とは違うため、付属工事費がけっこうかかります。なので、想定外の金額になることもあり、けっこう請求を見たときに驚くこともあります。なので、設計士の方と相談しながら予算をきちんと伝えておき、その範囲内でできるようなプランを立てることにしました。最初はこちらの希望のみ伝えていたので、予算が当初より700万円ほどアップしていたので、これは厳しいと思い変更しました。