憧れの一戸建て、しかも注文住宅となると、できるだけ思い通りにしたいですよね。間取りや設備、外構などの希望を伝えていくうちに、びっくりするような金額になっていないでしょうか。
この記事では、新築時にお金をかけた方がいいところ、かけなくてもいいところをご紹介します。

新築時にお金をかけない方がいいところは、後々リフォームする予定があるところです。例えば、水回りは数十年経つと設備も新しいものが出るので、故障したタイミングで取り換えたくなりますよね。なので、最初は高額な設備にしない方がいいでしょう。
また、床材も建材の中では傷むのが早い部分です。特に小さいお子さんがいる家庭では、傷やへこみがついていくものです。毎日よく目について、リフォームしたくなる部分なので、最初から高額なものにしない方がいいと思います。
天井材や建具などは、あまりリフォームの対象になりませんよね。こういう何十年も使いそうな部分は、思い切ってお金をかけてもいいでしょう。

減額調整は大変ですが、できるだけ思い通りの家になるように、頑張ってみてくださいね。

住宅リフォーム総合情報
貯蓄
内職 アルバイト
お小遣いNET
マッサージのリアル口コミ.com
英語上達の秘訣
家計見直しクラブ
クレジットカードの即日発行じゃけん
工務店向け集客ノウハウ
英語上達の秘訣